20171116

 えんびたんさん氏と君野友成氏がいつの間にかバンドリ始めてたことで謎の危機感を覚えてバンドリ始めてしまった。ランク30くらいでシナリオあんまり読めてないけど良心的なゲームなんじゃないかと思う。悪質なファンが福祉とか介護などと表現しているような、いたれりつくせりな感じは少し居心地が悪いけれど。なにか新しいことが達成されているのかどうかはちょっと判断できていない。キャラでは白鷺千聖と弦巻こころが気になるかな。基本的に自己完結してるキャラが好きなので……。

20171106

 書くことがないです。意思が強い状態と意思が存在しない状態の区別がつかないので意思が強い状態になれずなにもできない結果になる。能率か迷いか?

 

20171105

 絵の練習。今日はかなり捗った。

 映画の『バトル・ロワイアル』を久しぶりに見たが記憶よりもいい映画に感じた。基本的にエヴァ要素って表面だけだと思っていたのだけど(予告とかG線上のアリアにのって戦う相馬光子とか)、最後の最後で北野の自意識の問題に回収されるところもエヴァだったのかもしれない。北野が「だからみんな死んじゃえ」と思ったデストルドーが世界を包み込んだという話に原作が改変されている。バトロワといえば中学生のバトロワパロ妄想ですがバトロワ実写自体がバトロワパロ妄想だったのだ。

 あとSMAPの特番のラストの方を見ていた。ヒット曲が無限にBLソングに解釈されていく異様な空間が展開されていたこと以外は特に思うことはないかな。これからの三人に興味があるかといえばあまりないが……。

 

20171104

 調子悪いです。

 元SMAPの特番は少しだけ気にしている。小学生の頃にほとんど唯一好きな芸能人(歌手だが)だったし今でも全く嫌いではない。番組作りはほとんど見世物扱いで下品なので後追いで飛ばし飛ばしでしか見れないけど。

 

20171103

 絵の練習。最近の主な息抜きは将棋アプリです。将皇のレベル2と互角くらい。

20171102

 アマゾンに初期不良で返品しなければならない事態が発生し完全に一日がだめになった。トラブルに弱すぎる。

 

20171101

 絵の練習。多分今の僕とキズナアイの画力が同じくらいだと思われる。標準的な女子高校生の水準には達していると考えていいのではないか?

 修羅の門寄生獣を読み返していたが完全に人格形成物件なので素晴らしい以外の反応ができないが思い入れを抜きにしても修羅の門終盤は研ぎ澄まされすぎ。

 

 

 

 

20171031

 やはり一日書かないと次の日もまあいいかとなるわけで「書くことがない」とか書いていかないとだめなんだなー。行為遂行的日記でも意味はまあある。

 ヤマノススメはなぜか見れない。作画と声優に興味が無いから? しかし他のアニメは見れるものもある。原因の候補を羅列しても決め手とは思えない(人が死なないから・山がぬるいコミュニケーションのツールに見えるから・そもそも山に興味がないから・異常な現象が起きないから・そもそも日常描写にあまり興味がないから)。こういう要素をもっていても見れるものはある。ヤマノススメは僕の中でブラックボックスと化している。

 thinkpad e470を買おうかとかなり悩んでいた。しかし今テキストが書けない理由はどう考えても道具の問題ではないのでやめた。

 『返校』をクリアしたりもした。プレイ中はマップ探索お使いという形式がつらいという気持ちが強かったがクリアしたあとになるとわりと良かったのではという印象。1960年代台湾という舞台が重要というような紹介を読んでいたのだけど、歴史をうまく扱ってるかは微妙な気がする。例えば日本の戦時中とかでもまあ互換可能な話だったような? 背景とかの文化小ネタがわからないのはかなり損してそう。怖くはないと思うが、演出や美術は上質だしわりと好みだったので良かった。話としてはまあいい話なんだけど登場人物がもう一人くらい欲しかった。やはり救済の話が好きだしキャラクターは徹底的に救済されてほしい。ある程度長い物語については基本的にハッピーエンド厨なので。

 

20171025

 ダメすぎる。考えてることと行動が食い違ってハチャメチャなので一旦意識的に休んだほうがいいかもしれない。日記にならない。

20171023

 寒いでゲソ気圧が低いでゲソ……。 テキストを打っていたが撲殺天使ドクロちゃんローゼンメイデンひぐらしのなく頃にすももももももこどものじかんの動画を一時間くらい見てしまいすべてのやる気が無くなりかけた。やる気がないときにブドウ糖タブレットを食べると少しやる気が出ることがわかった(プラセボな気もするが)。将来的にはブドウ糖一本で食っていきたい(食事をしたくないので)。

 大塚英志物語論がほとんど実感レベルで理解できた(多分)。物語を言語として使うというやつね。少し前に書いたプロットは機能レベルで考えたほうがいいという気づきは普通に物語の体操のタロット法あたりの影響だったということにも同時に気づいた。

20171021

 テキストを打つなど。

 abemaで傷物語一挙放送をやっていたので少し見た。忍野メメの「全員が幸せになるのではなくて全員が不幸になることで事件を解決する」って無為式の善意的解釈というか有効活用なんだよねというのを思い出し、西尾維新のほとんどの作品は戯言の反省会をやっているものとして解釈しようと思えばできるんじゃないかとふと思った。精度は別として。西尾維新は一貫せずに色々なことをやろうとしてしまう器用さがダメだというような話があったがそれも本人には必然性があったのではないか、とかなんとか。2012年以降の作品はほとんどフォローしていないのでなんともいえないが。

 石川賢魔界転生を再読する。作中で起きてる争いはじつは神と悪魔のハルマゲドンの形而下の現れにすぎないというデビルマンシステム、あらゆる原作に付け加えられるしズルい。抑止力としての柳生十兵衛だしたしかにFGOなのかもしれない。特に下巻は結構好き。

20171020

 絵の練習。0817以来にカフェインを少量摂取したら一瞬気分が悪くなったが日中まったく眠くならなくて驚いた。本当にすごい。やっぱ身体はモノだわと思った。2日に1回の摂取とかで中毒にならないでメリットだけ得られたりしないかな~(薬物乱用者並の思考)。

 なにも分からないままで全部分かってる人に勝ちたかったしなにもしていないままで色々している人に勝ちたかったなと思う。しかし今の自分は道を違えている。何かをわかろうとしているし何かをしている。その先になにがあるのか……。

 『監獄のお姫さま』1話を見る。もはやテクニック以外なにもないという感じですごい。あまり好きではないですが……。