20170816

 最近S2さんやMK2さんが日記を書いているのを見てやりたくなったので日記を再開しようと思う。

 昨日は十一時すぎに寝て、今日は六時半くらいに起きた。

 午前中はあまり集中できずに絵を描いたりFFTをやったり。
 ライオネル城城門前でガフガリオンを倒す。 細かい展開は忘れているが戦争のイメージ自体がFFTとベルセルクで形成されているので馴染む。

 昼食を食べて少し寝たあと、ちょっとした用のために郵便局へ行き、ついでにミスドで読書。『バカの壁』を流し読み『ドグラ・マグラ』(八年くらい前に一回読んだはずだが記憶なし)を半分くらいまで読み進める。
 ドグラマグラは面白い。正木先生の描写はたいていの天才キャラよりいいし、作中の全ての状況を用意しておきながら信者や患者を残して一人で自殺してるという動きが典型的な強キャラムーブ。全体状況の中心にあって他キャラの精神や行動を強く規定するキャラはやはり好きで、そういうポジションさえ用意すれば茅場晶彦くらいでも神感(=天才美少女感)の片鱗は生まれる。胎児の夢とかも語りは面白いしワードにはったりが効いていて圧倒的に読める。
 当然この小説を読んでいると狂ってれば狂ってるほど強いというような認識をしてしまうのだけど、視点人物である主人公がどの程度狂っているのかがなかなか見えてこない点がかなり緊張感維持に寄与してる。

 夕方から適当にテキストを打ったり絵を描いたり。実は親指シフトでこの日記は書かれています。
 親指シフト。七月二十五日くらいに練習を始めて、今は最速で150字/分くらい。練習前に測ったローマ字入力が200字/分くらいだった。まだ集中していないとローマ字で打ってしまったり手が迷ったりするがこの感覚なら多分しばらくすれば無意識にもっとはやく楽に打てるようになると思われる。
 手の動き自体は減る。負担はどの程度変化しているか分からないが増えてはいない(多分)。
 ググるとわかるが親指シフトを勧めるブログのたぐいはたいていめちゃくちゃ頭が悪そうで練習意欲を減退させるのだけど、まあそんなに悪いものではなさそうだという感想。
 タイピングをしてると手が痛くなる人や今までの自分を全部変えたくなった人以外には勧めません。あとローマ字はかなり忘れる。

 コウメ太夫という人の芸をYOUTUBEで初めて見た。面白かったかな。多分。自信ない。

 まな『THE IDOLM@STER』(1) 縁山『だいたいめる子』 麻生我等虐殺器官』(1) 読み。
 める子がかわいい。

 久しぶりにやったら日記書くのに一時間近くかかったんですが。もっと適当に自己検閲なしで書けたら明日以降も書く。

20170219

九時頃に起床し、裁断スキャン。

昼にO氏の話を聞きに行った。大体いつも書いていることを話していたが新海も使った物語の体操!みたいな宣伝?をしてて面白かったし寝てるところも見れてよかったです(最悪の感想)。

帰宅してまた裁断スキャン。今日はがんばって51冊スキャンしました……。

裁断スキャンをしている合間に本とかを読めばいいのだけど気が乗らず、適当にCDなどを聞き流していた。ササキトモコの現時点での評価が畑亜貴を超えている。

 

20170211

 午前八時頃に起きて朝食を取るためにガストへ行く。前日に家に食料がない状態を用意しているので出かけざるをえない。どうやら二~三日連続で引きこもっていると体調が悪くなる身体になってしまったようだ。身体が弱くならないと健康管理とか無理だよなーと思う。ライフハックに詳しい人はたいてい生活が苦手なのであまり信じ込まない方が良い。

 ガストでは本を読む。ブギーポップロストメビウスと戻り川心中。ロストメビウスはエンペロイダーで参照されてたので読んだ。やはり魔女関係の設定を放置している現在の方向性は正しいと感じる。複数の世界のメタ秩序闘争の話になってしまうと世界内の話がどうでもよくなっていくから。ユリイカ上遠野浩平特集に「なぜ上遠野浩平は堂々とジョジョをパクるのか」という評論を書くべきだと思った。連城三紀彦はなんだか西尾維新を洗練したような印象だった。例えば天才詩人のナルシシズムを恋愛と語りで隠蔽する短編における情念の誤作動の感じとか。西尾維新の方が好きだけど。

 夜に出かけようと思ったがやや調子が悪いのでやめた。人と話す予定は基本的に一週間に一度なので大事にしたい。

 悪趣味からとある謝罪動画を途中から見た。ノーコメント。

 図書館で本を借りてガストと自宅を行き来する生活を一ヶ月半ほど続けているが、あと五年くらいはこのままで……。

20170101

あけましておめでとうございます。

今年の目標は絵を描くことと小説を書くこと、それと嫌いなモノをウォッチするのをやめることです。1月の目標は紙の積み本をできるだけ減らすことです。

「能率」か「迷いか」の二者択一では迷いを選ぶという心持ちでやってきたが、最近は迷うことは自由とあまり関係がないような気がしている。家では「自由意志が存在しないというのは嘘!」などと唱えながら行動を始めたりしてしまい自分でも軟弱すぎると思うが、能率とかも考えて今年はやっていきたい(文がふわふわしているな……)。

去年の後半からは「まあ100年後には自分の正しさは証明されるし……」とか「どうしようもなくなったら自殺すれば余裕でしょ」みたいな考えが常にあり本当によくないので現世利益を祈願したい。現世利益としての圧勝。

 

聲の形

罪悪感とかで中二病(=周囲とズレた世界認識)になっているのが石田くんなわけだけど、その中二病的な側面に注目したときに聲の形は納得がいく話ではなかった。当然ここで言いたいのはあの剥がされるためだけに存在するバツマークの無残さについてであり、まあ原作が悪いんだと思うけど、あの世界解釈を僕は許容できない。世界の声が聞こえないという普遍的かつ本質的な問題を中二病が治りましたみたいな感じで処理するのは無理があるでしょう。懸命に生きている人々やコミュニケーションのあれこれを描けているかもしれないが石田と世界のことを考えきった映画だとは思えない。

某氏とかも書いていたが全体的に暴力が支配する世界であって、その中で暴力に対して自覚的になってしまった石田くんの話であるとは言える。だからあのバツマークは世界の暴力と対峙する西宮と同種の障害であるようにも思えて、やっぱり最後にぼろぼろ剥がれていくところの脱力感はどうしようもなかった。

20160831

今日は終わっていた。結局活動できるかどうかというのがいかにして自分を不自由にするかどうかで決まってしまうというのはあまりにも貧しい。精神力精神力。

自分にとってTwitterは半分くらい人がつらそうにしているのを見て共感する場のようになってしまっていて完全に限界なので思いっきり使い方を変えてリプライを飛ばしまくるくらいのほうがいいかもしれない。それかチャットか。slackしばらく使ってるけどなかなかいいアーキテクチャな気がする。

9月はやることをやらないと死ぬのでやっていく。

20160830

雲のむこう、約束の場所』見た。完全に内容覚えてなかったが一応再見。君の名はと同じく夢の記憶の忘却を扱ってもヒロキに忘却は訪れないしこれまではずっと主人公が忘却できないことを描いてたんだよなあ。当然忘却は不可能なことのほうが問題だと思うが……。絶対に開かないとわかっている扉をいつまでも叩きつづけること。奇跡が起こるとしたら、やはりそのあとに見たかったという思いがある。

あと美少女は大事。

 

20160829

デニーズに行った。

ノスタルジーの対象の風景がほとんどないがまあそういう生き方をしてきたので仕方がない。そもそも幼稚園の頃から視力が死んでいたので中学でメガネを作るまで世界を美しいと思ったことが(多分)ほとんどなくそういう回路が発達しなかったという可能性が微レ存。1999年位に改築される前の札幌駅とか2000年代前半の真駒内スキー場あたりはたまに思い出すがさすがに記憶が曖昧だ。世界の解像度問題なー……。

大塚英志『物語消費論改』を読んだ。一番楽しかったのはルーシー・モノストーンの仕掛けを物語消費論に沿ってどういった目論見と手順で行ったのか詳しくネタばらししていたこと。私はネットを学校くらいでしか使えなかったこともあって長い間ルーシーがいるって信じていた。サイコの小説版(面白い)はあとがきのブラフ目的で書かれたということを知って驚いた。今やってる星海社ブログの話の元ネタ本でもある。というか物語消費論まじめに読んでなかったのでふつうに面白かったです。

それに『「ほしのこえ」を聴け』も流し読みした。大塚は映像の全てに監督の意思・主題が行き届いているのが良いと言ってて、まあそうですねと思った。君の名はで残念だったことのひとつに、クライマックスで気合が入ってるところの作画がまったく新海的でなかったところがある。むしろ最近のガイナックスとかで見たような描写、ああいうものを期待してはいなかった。細部に新海の意思が行き届いていたのだろうか。

 

 

20160827

絵の練習をした。

中田考『私はなぜイスラーム教徒になったのか』が面白かった。

某所。君の名はの話をしたがあまりうまくいかない。各種雑誌の特集を流し読みもしたが君の名はについての話は納得いかないことが多い。なぜか、というと結局ほしのこえさんチームのことも考えてあげてくださいという感情が大きな理由な気もするが……。集大成として見た時にほしのこえの大切な部分が抜け落ちてしまっているような……。

ボカロPV論はすでに失われかけている議論な気がする。ボカロ小説はPVを言語化するために細部を大胆に切り捨て本来名付けられないシンボリックな映像に無理やりテロリストなどの語彙を当てはめているという話はあったけどそれとボカロPV論は別の話であったんだっけ……なにも覚えていない。今見直したが予告の時点でも別にボカロPV感そんなにないと思う。

「背景自体は実写サンプリングレベルからそこまで飛躍していないんだけどそこに超美しい光が重なって超越感が生まれさらに萌えキャラとしかいいようのないへちょい人物が乗っかるああいう画面がその後の作品に比べても圧倒的に好き」と最近ほしのこえについて書いていたのだけど(この趣味は昔の同人エロゲの実写取込背景とへちょい立ち絵の組み合わせが好き、というのとも関連している)、EYESCREAM大塚英志原稿がほしのこえの画面レイヤーを漫画性にからめて説明していて頭にするすると入った。大塚はアニメや漫画を巻き込んでほしのこえのような作品が未来を作っていくと期待したらしくて、そうはならなかったことを少し残念に思っているようだった。ここらへんは有名な話なのかもしれないけど新海作品の言説は全く追っていなかったので新鮮だった。

 

 

 

 

 

 

20160826

君の名は。』見た。ネタバレ。基本的に初感ですが人と話したり感想を見たりしたのでその成分が入っている。

 

続きを読む

20160822

新條まゆの『バカでも描けるマンガ教室』を読んだら高校の頃に父親が失踪していたり米兵や実業家と交際していたなどといった情報がバンバン出てきて最高だった。

 

20160821

今日は台風の切れ間で、朝起きて二分くらいで洗濯を始めたのでとても偉かった。意思と理性を久しぶりに発揮できた。

できることはつらくない範囲でやろうという気になっている。スーパーポジティブ。おそらく他の人が思っているよりは五倍くらい本気で神絵師とか言っている。野心(?)がモルヒネのように現実認識を麻痺させているのだ……。

20160820

某所。アイドルアニメはやはり分からない。まともにやると人間にアイドルとか不可能で、アイドルになれなかった人かアイドルに興味が無い人以外描けない気がする。超越を導入すればなんとかなる気がするがアイドルアニメはだいたい超越が存在したとしてもそれを努力によってごまかすスタイルをとっているのでキャラが頑張って真のアイドルになろうとする過程を描くことになる。そういうのはつらい。神パフォーマンスをするといきなり確変モードみたいにアイドル神の啓示がくだって神アイドルになる現在のプリパラシステムがかろうじて正しいという気がする。超越から逃げていない。ユリイカのアイドル特集とか読んだだけで気分悪くなりそうだ。

 

 

 

 

 

 

 

20160819

アイカツスターズ劇場版を見た。スターズは二話までしか見ていないが丁寧な映画だったので特に問題を感じなかった。双子や奇跡の扱いがヌルく雑に思えてしまったが私がアイドルに賭けられているものを全く理解していないからかなとも思った。もともと世界はあまねくアイドル可能性に満ちてるという? アイドル=奇跡? あと百合で、ストロングスタイルでやってるなーと思った。S4のステージが良かった。

傷物語Ⅱ熱血編を見た。尾石達也キレキレという感じもしなかったが(当然優れているけど)何が悪いかと言えば西尾維新が悪いのかもしれない。西尾維新のキャラはときどき言われるようにおおむね倫理的だが取り返しの付かない行動をしてしばらくしてから倫理的になるのでタチが悪いという印象がある。しかし羽川は他人の倫理とかどうでもいいので阿良々木くんとの対話はあまり噛み合わないし現在厨なので取り返しの付かなさを理解してない感じがする。あのキモさを良さに読み替えていく動きは当然可能だがなんかできなかった。完全印象だけなのでやはり物語シリーズ全巻読まないと……。くろねこベッドは特になにも。